2018年08月11日

企画展「妖精人形三人展」

こんにちは!
うつのみや妖精ミュージアムでは現在企画展を開催しています。
今年は「妖精人形三人展」です。

IMG_1539.jpg


戸田和子先生、よねやまりゅう先生、若月まり子先生による、
三者三様の妖精人形が展示されています。

妖精というなかなか目には見えず、感じとることも難しい存在を
三人の人形作家さんはどのように立体で表現したのでしょうか?

ずっと知っていたような妖精や、
ええっこれも!?と意外に思うような妖精、
きっといろいろな妖精に出会えることでしょう!

妖精との楽しいひとときを過ごしに、
ぜひご来場ください


チラシjpeg.jpg


企画展「妖精人形三人展」

2018年7月28日(土)〜9月2日(日)

開館時間:午前9時〜午後7時
※午前9時〜10時、午後6時〜7時の間はミュージアム内よりご入場ください



posted by うつのみや妖精ミュージアム at 14:29| 栃木 ☁| Comment(0) | 企画展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月04日

おはなしぽけっと泉さんによる「読み聞かせ会」でした


真っ只中、毎日毎日ビックリするほどの暑さですね
皆さん,体調はいかがですか

妖精ミュージアムも7月28日(土)から企画展が、始まりました。

『妖精人形三人展』と題し、世界で活躍中の戸田和子先生、よねやまりゅう先生、
若月まり子先生方による妖精人形の競演が、市民ギャラリーにて楽しめます
迫力と可憐な妖精の世界が広がっています
9月2日まで開催しております 是非お越しくださいませ。


企画展初日、同日の7月28日に
おはなしぽけっと泉さんによる「読み聞かせ会」もありました
夏休みに入ったせいか、親子連れの方が、たくさん来られて楽しんでいかれました

では、「読み聞かせ会」の様子をご紹介しますね
まずは、ミュージアムのスタッフから妖精の紹介から始まりました

今月は、ホブ・ゴブリンを紹介しました
いたずらが大好きですが、家のお手伝いをよくしてくれる陽気な妖精で
家につく妖精で「家の守護霊」とも考えられています

では、おはなしぽけっと泉さんによる「読み聞かせ会」の様子を
紹介しますね 

 うちの金魚   作:谷口 國博


夏ですね〜
小さいころ、お祭りの日に金魚すくいして 帰りにおまけ2匹もらって
帰ったのを思い出しました。
金魚の世界を楽しませてもらいました
水の中って楽しそう


 あむ     作:小風 さち


黒い立派な大きい犬のあむ でも、まだまだ子供のラブラドールなんだろうな
飼い主のかっちゃんとの楽しい毎日が、見えてきました
可愛いな 犬って 


 ゆうれいとすいか   作:くろだかおる


ゆうれいが ところてんを作る道具に入って「ぴゅ〜ん」と押し出されると
ミニゆうれいが絵本いっぱいに登場  笑っちゃう

スイカをつい食べてしまった罪滅ぼしのために、ゆうれい達がパチンパチンと
けなげに蚊退治をするところ、意外な展開で面白かったです



 にんじゃがやってきた 紙芝居   作:今村幸介

公園に突然、本物の忍者登場でござる
公園のお友達は大喜び,そしていろいろな事を教えてもらいます
ところが・・・ 
忍者への道はそう甘くはないでござるね にんにん 


今回は、多くの方が聞きに来てくださいました
お子さん達は勿論のこと、大人の方も大満足でお帰りになられました
絵本って子供だけのものではないんですね
大きくなりすぎた私たちも、心癒される時間が何よりです

おはなしぽけっと泉の皆さん
おしゃべり妖精の会の皆さん
10年も変わらずに「読み聞かせ会」「読み語り会」そしてミュージアムに関わって
下さってホントにありがとうございます 
改めて、お礼申し上げます
                  スタッフ jj 












続きを読む
posted by うつのみや妖精ミュージアム at 11:27| 栃木 ☀| Comment(0) | 企画展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月02日

ワークショップ ハーバリウムづくり「小さなフェアリーランドを作ろう!」お知らせ

こんにちは!

8月18日(土)に、ワークショップ「小さなフェアリーランドを作ろう!」を行います。
内容は、フェアリーランド、つまり妖精の国をイメージしたハーバリウムづくりです
今回講師をつとめていただくのは、
日本ハーバリウム協会認定講師、小宅佐由里先生です。


妖精の国ってどんなところ?と疑問に思うかもしれません。
ごもっともです。
妖精の国は、いつも夕暮れのような薄明りで、緑の野原が広がっています。
また、妖精の言い伝えがたくさん残っているアイルランドは、美しい緑が豊かな島です。
そのため、エメラルド・アイランドとも呼ばれています。
コティングリー妖精事件の妖精写真も、本当に妖精の出てきそうな場所ですよね。

そして妖精の服と言えば緑色。妖精と緑色とは切っても切れない関係のようです。

IMG_20180802_0002_NEW.jpg
イラストはイメージです。
緑の豊かな妖精の国をイメージして、緑の多いハーバリウムです。
妖精のシルエットも入れることができますよ
瓶の中に自分だけのフェアリーランドを作ってみましょう!




ワークショップ ハーバリウムづくり「小さなフェアリーランドを作ろう!」

【日時】8月18日(土)午後1時30分〜 (午後1時受付開始)
【会場】表参道スクエア6階 多目的ホール1
【内容】フェアリーランドをイメージしたハーバリウムづくり
【対象】小学三年生以下は保護者同伴
【参加費】1500円(材料費)
【申込】妖精ミュージアムに直接、または電話で ☎028-616-1573
【持物】持ち帰り用の紙袋など

ただいま人数に若干の余裕がございます。参加を希望される方はお早めにご連絡ください。

posted by うつのみや妖精ミュージアム at 11:44| 栃木 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

読み聞かせ会でしら!

読み聞かせ会でした!

こんにちわんこ

まだ5月と言うのに、このところ夏を感じさせる
暑さですね

先週の土曜日(26日)はおはなしぽけっと泉さんの皆さんによる
読み聞かせ会でした

読み聞かせ会の前にミュージアムスタッフから
妖精の【ロビン・グッドフェロー】と言う妖精の紹介をさせていただきました

IMG_1393.JPG

ロビンは妖精の王オーベロンと美しい田舎娘の間に生まれた子で
半分妖精半分人間とされています。
大変ないたずらっ子で、陽気で、歌と踊りが大好きな
親しみやすい、イギリスの代表的な妖精です


それでは、読み聞かせ会の様子をご紹介しますね

 あかくん、でんしゃとはしる  作★あんどうとしひこ

IMG_1402.jpg

車のあか君が、緑色の電車を線路沿いの道、時には踏切、時には海岸線と
追いかけます。絵にも味があって、聞いても絵を見ても楽しめる本です



 ことりのゆうびんやさん  作❤ニコライ・スラトコフ

IMG_1407.jpg

ポストの中に巣を作ったセキレイの家族は、温かい見守りの中 雛を生み育て
旅立っていきます。郵便ポストのお家は今度また戻ってくる日の為にそのまま
なんて心温まるお話でしょう


 くさをはむ   作♣ふくはらゆみ



シマウマってあんなに大きいのに草しか食べないんですね。
草の気持ちになる(くさごっこ)、母さんと歌う「くさのうた」
慌ただしい毎日からちょっと休んでみませんか
ゆったりした時間とほのぼの気分が味わえること間違いなしの
絵本です
  

 にげだしたポケット  作♦はせがわさとみ

IMG_1412.jpg

ぎゅうぎゅうに詰め込まれた、かい君のポケット。ついにポケットがズボンから逃げ出した。
いろいろ場所を変えてもいつもパンパンのかい君のポケット
皆 ポケット大好きなんですね


 これはおひさま  作♥谷川俊太郎

IMG_1406.jpg

谷川俊太郎ワールド満載の絵本です
楽しい おもしろーい すごーい つながってる
おひさまって すごーい
もう一度聞きた―いい


おはなしぽけっと泉の皆さん いつも楽しいお話ありがとうございます。

「これはおひさま」では、栃木県が小麦の生産量日本一との情報や、
折り紙での「おしゃべりカエル」は子どもだけでなく,大人も大興奮でした。

IMG_1419.jpg

お話し会が終わった後も 名残惜しそうに子どもさんが遊んでいたのは
とても嬉しい光景です ありがとうございました。
7月も楽しみにしております。 

次回は、6月23日(土曜日) 午後2時〜
おしゃべり妖精の会さんによる 読み語り会です
お楽しみに

(スタッフj

続きを読む
posted by うつのみや妖精ミュージアム at 12:39| 栃木 ☁| Comment(0) | 企画展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

読み語り会でした!

こんにちわんこ


4月になり、新学期が始まって、そろそろ一ヶ月がたちますね
ゴールデンウイークも始まり、なんとなくウキウキ気分

28日におしゃべり妖精の会さんによる読み語り会がありました。

読み語りの前に、妖精ミュージアムのスタッフからアートギャラリーにある
ピーターパン像の紹介をさせていただきました

IMG_1341.jpg

うつのみや妖精ミュージアムのピーターパンの銅像をご覧いただいたことがありますか?
当ミュージアムのアイドルです
是非、会いに来てくださいね。


では、読み語りの会の様子を紹介します

『お皿のボタン』 たかどのほうこ作

IMG_1344.jpg

高橋さんのおうちの取れたボタン、これから出番を待っているボタンを主人公に
ボタン同士がそれぞれのボタン人生をを楽しく会話するお話です
今回は、船長さんの金ボタンのお話でした


『ワニぼうのこいのぼり』 内田麟太郎作


ワニ一家が、気持ちよさそうに、こいのぼりとなって青空を泳いでしまいました
絵本の中から今にも春風が吹いて来るようです
皆でこいのぼりの歌をうたいました


『たんぽぽ』 平山和子作


誰もが知っているタンポポにこんなに秘密があったなんて
花びらに見える一つ一つがお花だってことも、夜には、花を閉じてねていることも・・・
今は綿毛になってしまったけど、小さな命となってフワフワ遠くにとんでいくんだな


『おかあさんのパンツ』 山岡ひかる作



私の可愛いパンツをお母さんがはいたら、あらあらびっくり
どうしてこんなことに
すごーく楽しい絵本でした。


『ころころパンダ、ゆらゆらパンダ』 いりやまさとし作




寝ているうちにころころ転がってしまった赤ちゃんパンダ、
また別の赤ちゃんパンダはブランコゆらゆら、木の枝でゆらゆら
木から落ちたら、ころころパンダとゆらゆらパンダがこんにちは
可愛くて上野のシャンシャンに会いたくなっちゃった


おしゃべり妖精の会の皆さん 急遽お話を2つもおまけして下さってありがとうございました。
季節を織り交ぜたお話や、思わず笑ってしまうお話を盛り込んでくださり、
いつも あっという間に時間が過ぎてします。
6月も楽しみにしてます

次回は、5月26日(土) 午後2時〜
おはなしぽけっと泉の皆さんによる読み聞かせ会です
お楽しみに

(スタッフJJ
続きを読む
posted by うつのみや妖精ミュージアム at 16:31| 栃木 ☀| Comment(0) | 書籍・絵本読み聞かせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

展示替えをしました!

こんにちは!

4月2日の休館日にアートサロンの展示替えをしました

前回のウォルター・クレインやラッカム、デュラックの色鮮やかな挿絵とは対照的に、
今回はビアズリーを中心としたモノクロの世界です

ビアズリーは19世紀末のイギリスの挿絵画家。ほぼ独学で絵画を学び、ペン画で唯美的な絵を描き、当時の美術に多大な影響を与えました。ビアズリーは様々な美術作品から学び、自分の画風に取り入れていったのですが、その中には日本の浮世絵もありました。わずか5年足らずの短い活躍の後、持病により25歳で亡くなりました。ビアズリーの影響は日本にもおよび、日本の画家や漫画家も影響を受けているのだそう
ビアズリーという名前は知らなくとも、絵は知っているかもしれませんね。
一度見たらなかなか忘れられない!そんな力があると思います

現在アートサロンには、ビアズリーの『アーサー王の死』、『サロメ』『イエロー・ブック』が展示されています。
『アーサー王の死』はビアズリーにとって挿絵画家として初めての大きな仕事でした。
『サロメ』はもっとも有名ではないかな?と思います。
『イエロー・ブック』はビアズリーの名声と悪評の絶頂期ともいえる時期のものです。
前述の通り、ビアズリーの活動期間はわずか5年ほどでしたが、彼の画風は目まぐるしく変化しています。『イエロー・ブック』以後にもビアズリーは挿絵をたくさん描いていますが、『アーサー王の死』から『イエロー・ブック』まででも大きく変化していますその変化にも注目してみると面白いかもしれません

他にもフランク・C・パペの挿絵本や日本語訳『サロメ』の展示も行っています。
日本語訳『サロメ』の挿絵はアラステアと言う挿絵画家によるものです。
アラステアもとても特徴的で引き込まれる画風です
是非ご覧ください


(スタッフR)
posted by うつのみや妖精ミュージアム at 10:53| 栃木 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする