2019年04月08日

2月、3月の第4土曜日 「絵本の読み聞かせ会」「読み語り会」がありました

4月に入り、桜も満開

平成もあと20日ですね
新年度のスタートです

皆さんにご報告が、遅くなってしまいましたが、
2月23日第4土曜日におしゃべり妖精の会の皆さんによります
「読み語り会」、つづきまして3月23日第4土曜日には
おはなしぽけっと泉の皆さんの会の皆さんによります「読み聞かせ会」がひらかれました

まず、2月の「読み語り会」の紹介をしますね

恒例のミュージアムstaffからの妖精の紹介から始まりました
2月の妖精は、セントパトリックスデーにちなんだ
レプラコーンという妖精です


妖精の国、アイルランドに深く関係しているこのお祭りの
シンボルキャラクターがレプラコーンです
レプラコーンは、妖精の靴屋さんです
踊りが大好きな妖精は、靴をすり減らしてしまいますが、その靴を修理してくれるのが
レプラコーンですが、何故か片っぽしか直してくれないのだそうです。
とっても ケチンボで地下に99個のお宝ツボを隠し、貯め込んでいると言われています

今では、レプラコーンのお人形は、アイルランド定番のお土産になっているのだそうです


では、おしゃべり妖精の会の皆さんによります「読み語り会」の様子を
紹介します

 お皿のボタン      作:たかどのほうこ

  
 高橋家のボタンがたくさん入ったお皿の中で繰り広げられるボタンたちの
 冒険やら、ロマンのたくさんつまったお話です 
 奇想天外な話にいつも ひきつけられます

 おふろにいれて      作: せなけいこ

せなさんの作品は面白いですね。おばけも結構登場しますよね
動物さんも勢ぞろいでお風呂の順番待ち
そして 最後におばけも 

 パンダ銭湯      作:ツペロ ツペロ


パンダが、親子で銭湯に行く
パンダが、着替える
パンダが、サングラスを外す
風呂上がりにパンダが、着る
風呂上がりにパンダが、つける
風呂上がりにパンダが、塗る  たまに塗り忘れる 
きゃ〜〜〜  パンダが 竹林牛乳 飲むんだ


 みかんのひみつ   科学本

なんの気なしにミカンを今年もいっぱい食べてしまいました
よーく見ると奥深い果物なんですね
小学校低学年くらいから幅広く楽しめる絵本というか科学本ですね


つづきまして3月23日のおはなしぽけっと泉の皆さんによります
「読み聞かせ会」の様子です

3月の妖精の紹介は、アザラシの妖精「セルキー」です


セルキーは、人魚のように海にすむ妖精です
海の中を泳ぐために、アザラシの毛皮を着ています 毛皮を脱ぎ人間の姿をした時の
セルキーは、男女共にとても美しく 時に人間とセルキーの間で恋が生まれることも
よくあったと言われています

昔の人はアザラシを妖精だと思っていたようです

では、おはなしぽけっと泉の皆さんによります「読み聞かせ会」です

 はい タッチ    作: とよたかずひこ

 嬉しい時、挨拶の時 ご機嫌いかがの ハイタッチ
くまさんとくまさん ぞうさんとぞうさん、ヘビさんとヘビさん そして
たろう君と怪獣のハイタッチ ハイタッチは仲良しのしるしですね


 ぼくのかわいくないいもうと  作: 浜田 桂子

  まず、表紙を飾る妹はインパクト大です
 どんな妹が登場してくるのか、楽しみでした
 そんな妹は、お兄ちゃんが好きで好きでたまらないんだよね
 兄弟姉妹,いろいろ大変だけど仲良く仲良く


 まねきねこのたま   作:  キム・ファン

IMG_2022.JPG
 ながいことお世話になった和尚さんに “何かご恩返しがしたいにゃ〜”と考えた
 猫のたまちゃんのお話

  この絵本は 東京世田谷区の豪徳寺に伝わる「招福猫児」がモチーフになって 
 「招き猫」の由来を紙芝居にしたものとなっています
 聞くところによりますと 豪徳寺駅前に大きな 招き猫 が鎮座しているそうですよ
 ぜひ、いらしてみてはいかがでしょうか


 うそうそかわうそのむかしばなし   作: はやしますみ

  ダイナミックな絵です
 “笑っていただくのがおいらの仕事”と、本当っぽ〜いウソの話をおもしろおかしく
 カワウソが話し出します
 いろいろな名前由来を言葉遊びする うそうそうそんこ昔話です


皆さんにミュージアムの様子のお知らせするのが、大分遅くなってしまいました
もう少しタイムリーなご報告が、出来るようにします

 先日の読み聞かせ会の日に 子育てサロンからのチラシをもって聞きに来てくださった
親子さんが来て下さいました
 一人でも多くの方が絵本に触れてもらえたらいいな〜と昨年より宇都宮市内の
子育てサロン、近隣の保育園にも チラシ等々掲示のお願いをしてきたので
なんかとってもとっても 嬉しい気持ちになりました
 今年度も楽しくて 心豊かになる「読み聞かせ会」、「読み語り会」を目指したいと
思っております
 毎月第4土曜日は 是非、妖精ミュージアムに足をお運び下さいね

4月27日は、おしゃべり妖精の会の皆さんによります
「読み語り会」です!

                                                             ≪Staff j  j






























posted by うつのみや妖精ミュージアム at 13:53| 栃木 ☔| Comment(0) | 企画展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月22日

セント・パトリックス・デー ハープフェスティバルが開催されました!

3月16に、市民ギャラリーにて「セント・パトリックス・デー ハープフェスティバル」が開催されました!
出演者総勢12名のにぎやかなコンサートとなりました。
その模様をお伝えします。



雨の予報もありましたが、当日は天気にも恵まれ、絶好のコンサート日和
セント・パトリックス・デーのシンボルカラーで飾り付けた会場が、皆様をおでむかえ

IMG_2002.JPG

ぞくぞくと、みなさん集まってきましたよ~~~
あっという間に会場は満席に

IMG_1950.JPG

代表者の阿久津 瞳さんからみなさんにご挨拶
背中の妖精の羽も素敵ですね!

IMG_1956.JPG

演奏がはじまりました

IMG_1953.JPG

真剣な表情の方、目を閉じて聞き入っている方、みなさんそれぞれですが
ハープの音色に耳をすましています


由佳&Heavenly Maetel(ヘブンリーメーテル)の皆さんです
のびやかな歌声とハープの音色のコンビネーションに観客席はうっとり

IMG_1970.JPG


Stress Free(ストレスフリー)の皆さんです
日常を忘れさせてくれるような澄んだ音色に、会場全体が包まれました


IMG_1976.JPG


安生正人さんです
熟練の技巧を感じさせる芳醇な音色に、観客席もぐっとひきこまれています

IMG_1978.JPG


シルフィード栃木ハープアンサンブルの皆さんです
豊かなハーモニーはまるで妖精たちのささやきのよう・・・

IMG_1985.JPG



時間と日常を忘れて聞き入っていましたが、いよいよ最後の曲となりました
曲は「サリーガーデン」

IMG_1988.JPG

まるで森の中にいるような、どこかなつかしさも感じるとても素敵な演奏でした
観客席では感極まって涙を拭いている方もいらっしゃいました



なんと!会場の声にこたえてアンコールも演奏して下さいました!!

IMG_1995.JPG
IMG_1997.JPG


多彩な表情をみせる全12曲の演奏に、来館者の方も満足そうに帰って行かれました
とてもよかった、また来たいというお褒めの言葉も多数頂きました!

演奏者の皆さま本当にありがとうございました



次回のコンサートは31年の8月ごろを予定しております。
是非来てくださいね

[スタッフA]


posted by うつのみや妖精ミュージアム at 11:06| 栃木 ☁| Comment(0) | 音楽・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

ワークショップ「不思議な海のゆかいなミニ魚を作ろう!」が行われました

現在うつのみや妖精ミュージアムでは、企画展「伊藤遠平 ミーヤホーヤ 不思議な海の仲間たち」を開催しています。
伊藤遠平氏による、海の物語世界の展覧会です
表情豊かで個性的で愛らしい海の仲間たちの楽しい展覧会ですので、まだお越しでない方は是非お越しくださいませ

さて、今月16日(土)午後に、この企画展のワークショップ「不思議な海のゆかいなミニ魚を作ろう!」が行われました。
この企画展では、絵画のほかにもたくさんの立体作品があるのですが、
その立体作品と同じ材料を使って、自由な発想でオリジナルの海の仲間を作ろうというワークショップです。

定員20名であったところ、希望者多数につき25人に増やしての開催となりました
お申込みいただいた皆様、ありがとうございます

それでは当日の様子のご報告です

IMG_1803.jpg
まずは講師の伊藤遠平先生より、作り方の説明です。
伊藤遠平先生の奥様やご友人のお二方にもご協力をいただきました

IMG_1805.jpg

・・・説明中・・・

IMG_1810.jpg
まずは核となる発泡スチロールを選び、
石粉粘土を薄くのばします
発泡スチロールをのばした粘土で包み込みます。
ちょうど餃子みたいなイメージですね

IMG_1822.jpg
IMG_1834.jpg

へらなどを使って魚のひれを作っているところです。
がんばれ〜!
IMG_1842.jpg

IMG_1844.jpg

IMG_1845.jpg

おおきなひれなどは、つまようじなどを骨組みなどに活用して作ります。
はやくも個性があふれてます

IMG_1858.jpg

みなさん真剣そのものです!

IMG_1864.jpg

顔も作っていきます!

形が出来上がるとたのしい色塗り!
……なのですが、乾いていないと塗りづらいものです。
そこで登場したのがこちら!

IMG_1870.jpg
布団乾燥機です!
なるほど…
中を開けるとこんな感じです。

IMG_1886.jpg

どんな色が塗られるのでしょうか?
わくわくしますね!

乾いたら色を塗っていきます
色塗りに使うのは「アクリル絵具」
ニスがなくともつやがでてきれいに塗れるのです
ただし、服についてしまうと落ちなくなってしまいます。
今回そんな悲劇があったとかなかったとか…

IMG_1876.jpg
IMG_1890.jpg
IMG_1896.jpg

これはどんな魚でしょうか?
見ているこちらも、想像するのが楽しくなりますね

IMG_1902.jpg
IMG_1901.jpg

大人のみなさんも、お子様方に負けず劣らず自由な発想が爆発していました
さらにリアルな「汚し」の技術なども飛び出したりして、
見ごたえのある力作がたくさん生まれていましたよ〜

IMG_1891.jpg
IMG_1897.jpg
IMG_1900.jpg
IMG_1907.jpg
IMG_1909.jpg

IMG_1904.jpg
IMG_1908.jpg

掲載した作品のほかにも、たくさんのお魚がいますよ〜

色塗りが終わり、絵具も乾いたところで
さっそく企画展展示室に飾りに行きました


IMG_1914.jpg
IMG_1918.jpg
IMG_1921.jpg
IMG_1922.jpg


このサンゴツリーは企画展初日からあったのですが、
とっても賑やかになりましたね!
参加者みなさんの個性と自由な発想が発揮された作品の数々は、
現在企画展展示室で見ることができます

企画展は3月3日までとなっていますので、
皆様是非ご覧ください

伊藤先生はじめ講師のみなさま、参加者のみなさま、本当にありがとうございました

(スタッフR)

posted by うつのみや妖精ミュージアム at 16:51| 栃木 ☀| Comment(0) | ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

今年も妖精ミュージアムをよろしくお願いいたします! 

 平成31年がはじまりました
 といっても一月もそろそろおしまい はやいですね
ミュージアムでは、昨年12月18日から1月14日まで
フェアリーツリー 「妖精ねがいごとまつり」を開催しておりました
短冊にお願い事を込めて頂き、お焚き上げの日に煙とともにお願い事を 妖精さんに
届けて、叶えてもらいましょうというイベントです

IMG_1758.JPG
昨年にも増して多くの願いのこもった短冊が、松の木に飾られました
15日に皆さんのお願い事は無事 妖精さんの元に届けられました
妖精さん 皆さんの願い叶えて下さいね宜しくお願いします

今年が皆様にとりまして良き一年でありますことを 
私たちミュージアムスタッフ一同もお祈りしております

さて、今年初めての「読み聞かせ会」がありました
1月26日土曜日の朝、宇都宮にも今年初めての雪
雪といっても すこーしの雪が舞っただけですけど・・・

お客様は少なめでしたが、さすがですね
おはなしぽけっと泉の皆さんはパワー全開で今年もスタートです

読み聞かせ会の様子を紹介します

まずは、スタッフから妖精の紹介です
今回は、≪ジャック・フロスト≫という日本で言えばの霜太郎のような存在の
冬の妖精のお話でした
この寒さもジャック・フロストのいたずらかもしれませんね

おはなしぽけっと泉の皆さんの読み聞かせ会の始まりです

 ぼく、そらをさわってみたいんだ  作:さとうわきこ

IMG_1769.JPG
ネコちゃんの空を触ってみたいという可愛い夢を叶えるために 動物たちが力を
合わせてどんどん近づいて・・・もう少しで・・・
wwwo〜〜 ハプニング!!
この絵本は、子猫の気持ちと一緒に 上に伸びて(開いて)いくんですね
高さが、ぐ〜んと感じられてとても印象に残る絵本です
  
 わたしもびょうきになりたいな  作:フランツ・ブランデンベルク

IMG_1770.JPG
あるある  わかるわかる 
私も昔、こんな気持ちになったことある
今年は、インフルエンザが大流行してるそうです
気をつけてください  病気になってわかる健康のありがたさですね

  なんのぎょうれつ?  作:おーむらともこ


IMG_1779.JPG
なんでこんなに並んでるの?
何を買うのに並んでいるの?
ここのラーメンそんなに美味しいの?
並んだ先にどんな楽しいことが待ってるの?
並んでいる動物総勢50種が喧嘩をしたり、泣いちゃったり、
スカンクなんてオナラまでしちゃったりして〜〜
ワクワクしっぱなしのこの行列。私も今度並んでみようかしら


  おばけのゆきがっせん ≪紙芝居≫ 作:おおたか蓮 

IMG_1781.JPG
のっぺらぼう、ろくろ首、一つ目小僧、一反木綿が集まってのひょんなことから
雪合戦に! でも最後には、美味しいものかこんでニッコリ笑顔
一件落着 めでたし めでたし



楽しかったですね
参加のお子さんの目もキラキラ☆彡
IMG_1784.JPG
毎回工夫を凝らしてくださるお土産バッグでも すごーい わああ〜って大感激
“楽しかった”  “またくる!”
と言って帰っていかれました。
とっても あったかーい今年1回目の「読み聞かせ会」でした
おはなしぽけっと泉の皆さん ありがとうございました

次回は、2月23日(土)  午後2時〜2時30分
おしゃべり妖精の会の皆さんによります「読み語り会」です
お楽しみに〜
                《 staff jj  》

posted by うつのみや妖精ミュージアム at 17:23| 栃木 ☁| Comment(0) | 企画展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月26日

クリスマスイベント 12月の「読み語り会」がありました!

本格的に冬になってしまいました
早いもので、平成30年12月もそろそろ終わりです

今年の漢字は[災]だそうです。
記録的に暑かったり、洪水被害だったりと大変な一年でした

そして平成も今年でおしまいですね
寂しい思いがありますが、来年への期待で前に進んでいきましょう

ミュージアムの12月はイベント盛り沢山の楽しい一か月です

先ずは、今年も12月18日から【ねがいごとまつり】がはじまりました
可愛い短冊にお願い事を書いて頂き松の木にかけ、
来年15日の二荒山のお焚き上げにて
お願い事を煙と一緒に妖精さんに届けてもらうというお祭りです


IMG_1714.JPG

オープニングの日は、当館の井村君江名誉館長に加え、
ミヤリーちゃんも応援に駆けつけてくれました。ミヤリーちゃんも
短冊にお願い事を書き込んでくれましたよ

みんなの願いが、叶いますように

クリスマスイベントも22〜24日の3日間開かれスタッフ手作りの
クリスマスプレゼントやクリスマスカードを皆さんにお渡ししました

22日には、おしゃべり妖精の会の皆さんによる「読み語り会」が開かれ
大勢のご家族が楽しんでいかれました

「読み語り会」の様子をご紹介しますね
まずは、ミュージアムスタッフから 妖精の紹介です。

IMG_1742.JPG

真っ赤な帽子と真っ赤なお洋服を身に着けていますが、
サンタクロースではないんですよ
サンタクロースのお手伝いをする妖精さん“ヨウルトントウ”のお話です

子供たちが、ちゃんとお利口さんにしているか、サンタさんに報告をするお仕事をしています
そして世界中からきた子供たちからのお手紙を読んだり、トナカイの世話をしたり
プレゼントの準備をしたりする 小人妖精さんのお話でした
みんなの近くにも窓からコッソリ見られているかもしれませんね

では、おはなし会の始まりです

  お皿のボタン  スミレ嬢のおはなし   作:たかどのほうこ

IMG_1720.JPG
おしとやか、キラキラボタンのスミレ嬢の出番は❓
願いが叶ってよかった
お皿のボタンは、どのお話にも面白さがあってボタンの旅の話を
聞くのは、とても楽しいですね


  やまださんちのてんきよほう     作:長谷川 義史

題目とおりやまださんちの一日を天気予報になぞっていくお話です
晴れの日から始まって お母さんのカミナリも落ちたり なだれや台風まで起こって
しまう山田さんの家 忙しそうで楽しそうですね

  ゆきのひ    作:くすのきしげのり

IMG_1724.JPG

まずは、絵がとっても可愛い
リスもキツネもクマ君も可愛くてほんわか〜
素直にゴメンが言えるのとっても大切なことだね


  クリスマスツリーをかざろう    作:パトリシア・トート・ジャーヴィス

IMG_1729.JPG
クリスマスツリーを買いに行くところからクリスマスは始まるんですね
ツリースカートを準備したり お友達を呼んで一緒に飾り付けをしたり
なんかワクワク
実は、モミ、松、トウヒ等針葉樹で常緑樹なら何でもオッケーだそうですよ
来年のクリスマスツリーは本物の木で飾り付けしてみませんか


おはなし会の最後にお友達みんなでクリスマスツリーを完成させました
IMG_1731.JPG

おしゃべり妖精の会の皆さん、おはなしぽけっと泉の皆さん、今年一年
ありがとうございました。
いつも楽しい おはなし会を届けてくださり、心から感謝しております。
小さいお子さんが、絵本に触れ 心豊かな感性を持っていただけたらと
願っております。来年もよろしくお願いいたします。

平成31年の1月のおはなしぽけっと泉のみなさんによる
[読み聞かせ会]は 1月26日pm13:30〜 です。
お楽しみに!

                  〖スタッフ jjでした〗






posted by うつのみや妖精ミュージアム at 17:28| 栃木 ☁| Comment(0) | 企画展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

読み語り会がありました! ミュージアムもハロウィン気分全開♬

こんにちは!

すっかり秋本番ですね
宇都宮の県庁前通りは、落ち葉のじゅうたんが敷きつめられてとっても
な素敵な雰囲気です
妖精ミュージアム内もハロウィン気分全開です

10月第4週の宇都宮は菊水祭があったり、ハロウィン、そしてアニメの
イベント等が重なってとても、賑やかな週末でした

との反動からか、今月の『読み語り会』は参加者が残念ながらチョット少なめでした

しかし、“おしゃべり妖精の会”の皆さんもミュージアムスタッフも
元気に『読み語り会』スタートです


まずは、ミュージアムstaffからハロウィンの豆知識やハロウィンの時の楽しい
遊びなどの紹介から始まりました。

ハロウィンってなあに⁉
ハロウィンはその昔ヨーロッパの各地に住んでいたケルト人が、妖精になった古代の
神さまや妖精たちが住む世界を 大切にしていた人たちのお祭りがもとになり 今に
つたわりました。
 特にケルト人の文化が、今も残っているアイルランドの国では、昔から馴染みのあるお祭りです
今から、150年くらい前に多くのアイルランド人が、海を渡ってアメリカに移り住み、この時にそれまで
カブで作られていたジャック・オ・ランタンが手に入れやすいカボチャに代わるなどして、多くの人々に
ハロウィンが広まりました。

[ハロウィン]の豆知識
ケルトのお祭り《サウィン》
私たちの一年の終わりといえば 12月31日ですが、ケルト人の暦では、一年の終わりは、10月31日でした。
 この日は《サウィン》と呼ばれ「あの世とこの世が出会う日」だと言われています。
 新年と旧年の区切りにある隙間から死者の霊や魔女、そして妖精たちが出てきて、冬が来たことを祝って人々に
いたずらするそうです。
そこから「もてなさないといたずらするぞ」と言って、仮装してお菓子などをねだって周る、
みんなの知っているハロウィンになりました

ではでは、おしゃべり妖精の会の皆さんによる
            『読み語り会』の様子を紹介しますね

すえっこ同盟」  お皿のボタンより  作:たかどのほうこ

高橋家のボタンたち、今回のお話もなんか楽しい
おじさんのワイシャツの一番下のボタン。。。そう末っ子ボタンたちのお話です
末っ子ボタンたちは「すえっこ同盟」を結んでいます
必要なところのボタンがとれた時には、「すえっこ同盟」を寿脱会していくなんて……
幸せにね

 ヒッコリーのきのみ  作:香山 美子

リスのバビーとお母さんが、隠しておいたヒッコリーの実は一体どうなっちゃう
今の季節にぴったりのお話です あったかーい
香山美子さんと柿本幸造さんの名コンビによる絵本、もっとたくさん読みたくなりました


 しゃっくりヒック  作:木坂 涼
どうしても何をしても止まらない しゃっくりってありますよね
止まったかなあと思ったら又ヒック
わかる〜〜〜


 まっくろ ネリノ   作:ヘルガ=ガルラー

この絵本の発行は、1973年です
もう45年間も楽しみ そして語りつがれる絵本なんですね
漆黒の背景の中に色彩豊かな絵が描かれ、そして内容にもいろんな意味が込められているのかな
仲間はずれとかでもその中でのネリノの存在の大きさとかーー
とても大切なものを教えてもらった気がします

おしゃべり妖精の会みなさん 10月も楽しいお話ありがとうございました。


参加された方が、いい時間ね 嫌のこと忘れちゃったわ なんて
楽しそうに話されていました。そうなんですよね。大人の私たちにも楽しい
時間なんですよね
一人でも多くの人が絵本の触れて “いい時間” をミュージアムで過ごして頂けるように
少しずつかもしれませんが、前を向いて進んでいきたいと感じております
これからもよろしくお願いいたします

来月は、11月24日(土)13時30分〜14時
「おはなしぽけっと泉」のみなさんによる『読み聞かせ会』です
お楽しみに!

妖精ミュージアムも10月20日から10月31日までハロウィン週間として
ご来館のお客様 先着150名にスタッフ作のキャンディバックを差し上げておりました
可愛いカボチャのバッグに黒猫jiji風の折り紙つきです
たくさんのお客様がミュージアムまで足をはこんでくださり、ありがとうございました。
   
                       スタッフjjでした








posted by うつのみや妖精ミュージアム at 13:10| 栃木 ☀| Comment(0) | 企画展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする