2018年05月31日

読み聞かせ会でしら!

読み聞かせ会でした!

こんにちわんこ

まだ5月と言うのに、このところ夏を感じさせる
暑さですね

先週の土曜日(26日)はおはなしぽけっと泉さんの皆さんによる
読み聞かせ会でした

読み聞かせ会の前にミュージアムスタッフから
妖精の【ロビン・グッドフェロー】と言う妖精の紹介をさせていただきました

IMG_1393.JPG

ロビンは妖精の王オーベロンと美しい田舎娘の間に生まれた子で
半分妖精半分人間とされています。
大変ないたずらっ子で、陽気で、歌と踊りが大好きな
親しみやすい、イギリスの代表的な妖精です


それでは、読み聞かせ会の様子をご紹介しますね

 あかくん、でんしゃとはしる  作★あんどうとしひこ

IMG_1402.jpg

車のあか君が、緑色の電車を線路沿いの道、時には踏切、時には海岸線と
追いかけます。絵にも味があって、聞いても絵を見ても楽しめる本です



 ことりのゆうびんやさん  作❤ニコライ・スラトコフ

IMG_1407.jpg

ポストの中に巣を作ったセキレイの家族は、温かい見守りの中 雛を生み育て
旅立っていきます。郵便ポストのお家は今度また戻ってくる日の為にそのまま
なんて心温まるお話でしょう


 くさをはむ   作♣ふくはらゆみ



シマウマってあんなに大きいのに草しか食べないんですね。
草の気持ちになる(くさごっこ)、母さんと歌う「くさのうた」
慌ただしい毎日からちょっと休んでみませんか
ゆったりした時間とほのぼの気分が味わえること間違いなしの
絵本です
  

 にげだしたポケット  作♦はせがわさとみ

IMG_1412.jpg

ぎゅうぎゅうに詰め込まれた、かい君のポケット。ついにポケットがズボンから逃げ出した。
いろいろ場所を変えてもいつもパンパンのかい君のポケット
皆 ポケット大好きなんですね


 これはおひさま  作♥谷川俊太郎

IMG_1406.jpg

谷川俊太郎ワールド満載の絵本です
楽しい おもしろーい すごーい つながってる
おひさまって すごーい
もう一度聞きた―いい


おはなしぽけっと泉の皆さん いつも楽しいお話ありがとうございます。

「これはおひさま」では、栃木県が小麦の生産量日本一との情報や、
折り紙での「おしゃべりカエル」は子どもだけでなく,大人も大興奮でした。

IMG_1419.jpg

お話し会が終わった後も 名残惜しそうに子どもさんが遊んでいたのは
とても嬉しい光景です ありがとうございました。
7月も楽しみにしております。 

次回は、6月23日(土曜日) 午後2時〜
おしゃべり妖精の会さんによる 読み語り会です
お楽しみに

(スタッフj

続きを読む
posted by うつのみや妖精ミュージアム at 12:39| 栃木 ☁| Comment(0) | 企画展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

読み語り会でした!

こんにちわんこ


4月になり、新学期が始まって、そろそろ一ヶ月がたちますね
ゴールデンウイークも始まり、なんとなくウキウキ気分

28日におしゃべり妖精の会さんによる読み語り会がありました。

読み語りの前に、妖精ミュージアムのスタッフからアートギャラリーにある
ピーターパン像の紹介をさせていただきました

IMG_1341.jpg

うつのみや妖精ミュージアムのピーターパンの銅像をご覧いただいたことがありますか?
当ミュージアムのアイドルです
是非、会いに来てくださいね。


では、読み語りの会の様子を紹介します

『お皿のボタン』 たかどのほうこ作

IMG_1344.jpg

高橋さんのおうちの取れたボタン、これから出番を待っているボタンを主人公に
ボタン同士がそれぞれのボタン人生をを楽しく会話するお話です
今回は、船長さんの金ボタンのお話でした


『ワニぼうのこいのぼり』 内田麟太郎作


ワニ一家が、気持ちよさそうに、こいのぼりとなって青空を泳いでしまいました
絵本の中から今にも春風が吹いて来るようです
皆でこいのぼりの歌をうたいました


『たんぽぽ』 平山和子作


誰もが知っているタンポポにこんなに秘密があったなんて
花びらに見える一つ一つがお花だってことも、夜には、花を閉じてねていることも・・・
今は綿毛になってしまったけど、小さな命となってフワフワ遠くにとんでいくんだな


『おかあさんのパンツ』 山岡ひかる作



私の可愛いパンツをお母さんがはいたら、あらあらびっくり
どうしてこんなことに
すごーく楽しい絵本でした。


『ころころパンダ、ゆらゆらパンダ』 いりやまさとし作




寝ているうちにころころ転がってしまった赤ちゃんパンダ、
また別の赤ちゃんパンダはブランコゆらゆら、木の枝でゆらゆら
木から落ちたら、ころころパンダとゆらゆらパンダがこんにちは
可愛くて上野のシャンシャンに会いたくなっちゃった


おしゃべり妖精の会の皆さん 急遽お話を2つもおまけして下さってありがとうございました。
季節を織り交ぜたお話や、思わず笑ってしまうお話を盛り込んでくださり、
いつも あっという間に時間が過ぎてします。
6月も楽しみにしてます

次回は、5月26日(土) 午後2時〜
おはなしぽけっと泉の皆さんによる読み聞かせ会です
お楽しみに

(スタッフJJ
続きを読む
posted by うつのみや妖精ミュージアム at 16:31| 栃木 ☀| Comment(0) | 書籍・絵本読み聞かせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

展示替えをしました!

こんにちは!

4月2日の休館日にアートサロンの展示替えをしました

前回のウォルター・クレインやラッカム、デュラックの色鮮やかな挿絵とは対照的に、
今回はビアズリーを中心としたモノクロの世界です

ビアズリーは19世紀末のイギリスの挿絵画家。ほぼ独学で絵画を学び、ペン画で唯美的な絵を描き、当時の美術に多大な影響を与えました。ビアズリーは様々な美術作品から学び、自分の画風に取り入れていったのですが、その中には日本の浮世絵もありました。わずか5年足らずの短い活躍の後、持病により25歳で亡くなりました。ビアズリーの影響は日本にもおよび、日本の画家や漫画家も影響を受けているのだそう
ビアズリーという名前は知らなくとも、絵は知っているかもしれませんね。
一度見たらなかなか忘れられない!そんな力があると思います

現在アートサロンには、ビアズリーの『アーサー王の死』、『サロメ』『イエロー・ブック』が展示されています。
『アーサー王の死』はビアズリーにとって挿絵画家として初めての大きな仕事でした。
『サロメ』はもっとも有名ではないかな?と思います。
『イエロー・ブック』はビアズリーの名声と悪評の絶頂期ともいえる時期のものです。
前述の通り、ビアズリーの活動期間はわずか5年ほどでしたが、彼の画風は目まぐるしく変化しています。『イエロー・ブック』以後にもビアズリーは挿絵をたくさん描いていますが、『アーサー王の死』から『イエロー・ブック』まででも大きく変化していますその変化にも注目してみると面白いかもしれません

他にもフランク・C・パペの挿絵本や日本語訳『サロメ』の展示も行っています。
日本語訳『サロメ』の挿絵はアラステアと言う挿絵画家によるものです。
アラステアもとても特徴的で引き込まれる画風です
是非ご覧ください


(スタッフR)
posted by うつのみや妖精ミュージアム at 10:53| 栃木 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

読み聞かせ会でした!

こんにちは!
寒かったり暖かかったりなかなか安定しませんが、少しずつ暖かくなっていくのはうれしいものですね
花粉症の方もこの花粉シーズンさえ乗り切れば楽しい春です
もう少し頑張って生きましょう、はい。

今回紹介した妖精は レプラコーン というアイルランドを代表する妖精です。

IMG_1256.jpg

3月17日は、「セント・パトリックス・デー」というアイルランドの守護聖人聖パトリックにちなんだ祝日でした。日本ではまだまだ浸透していませんが、世界のあちこちでお祝いされ、街中が緑色に染まるのだそうです!
さてその「セント・パトリックス・デー」のシンボルともいえるキャラクターがこのレプラコーンです。レプラコーンは妖精の靴屋さんで、靴の修理をしてくれます。ただし片っぽだけ。どうして……。
財宝を沢山隠し持っていて愛想も悪くけちんぼな妖精さんですが、今では福と富とをもたらしてくれるイメージも持たれるようになり、レプラコーン人形はどこか陽気で親しみやすいキャラクターになっています。
レプラコーンを捕まえてお宝のありかを聞き出すと、大金持ちになれるそうです
ただし、とっても難しいそうですよ

では、読み聞かせ会の様子です

『オー・スッパ』越野民雄

IMG_1268.jpg

いろいろな生きものが、レモンをうっかり、あるいは興味本位で食べてあまりのすっぱさに悶絶します。
イヌやゴリラ、ウマといったおなじみの動物から、カメレオン、オニオオハシ、ナマケモノまで……次はどんな生きものかな?と楽しみになります。
それぞれのページに使われるレモンイエローがとってもきれいでした

『やっとみつけた』中村美佐子

IMG_1276.jpg

蛹から羽化したアゲハチョウのアゲハちゃんはお腹がペコペコ。
食べ物を探していろいろな虫についていきますが………
アゲハちゃんは無事に食べ物を食べられるのでしょうか?

『じゃんけんほかほかほっかいどう』長野ヒデ子

IMG_1280.jpg

たのしい歌あそび絵本です。じゃんけんほかほかほっかいどうから始まり、さまざまな食べものが登場します。みんなでじゃんけんをして、大盛り上がりでした

『ルッキオとフリフリ おやしきへいく』庄野ナホコ

IMG_1291.jpg

ねこの本です。兄貴分のルッキオと弟分のフリフリは「おやしきねこ募集」の広告を見てさっそくお屋敷へと行きます。要は就活ですね!
しかしそこでは自由な二人(二匹)には慣れないことばかりで……
リアルなタッチのルッキオとフリフリが二足歩行をしているのが、かえってアンバランスでなんともいえない可愛さです


今月のお土産は、 桜の枝 でした!

IMG_1300.jpg

春らしさに心もあたたかくなりますね
子どもたちも大喜びでした

おはなしぽけっと泉 の皆さん、今回も楽しい読み聞かせをありがとうございました!
次回は、 4月28日 午後2時〜
おしゃべり妖精の会 の皆さんによる、読み語り会です!
お楽しみに

(スタッフR)

posted by うつのみや妖精ミュージアム at 16:54| 栃木 ☁| Comment(0) | 書籍・絵本読み聞かせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

読み語り会でした!

こんにちは
カレンダーではもうすぐ3月ですが、まだまだ寒い日が続きますねー
暖かい春が待ち遠しいです


おしゃべり妖精の会 の皆様による読み語り会がありました

読み語り会の前に、妖精スタッフから「ノーム」という妖精の紹介をさせていただきましたよ

IMG_1153.jpg

ノームは、大地や丘の妖精で、地中に住んでいます。
ひげの生えた年寄りの小人の姿をしていて(平均寿命は400歳!)、赤いとんがり帽子(女のノームは緑)をかぶっています。
そんなノームの、家や食べ物などを紹介しました。
知れば知るほど、愛着がわくノームの本はライブラリーコーナーにありますので、興味のある方は読んでみてくださいね



では、読み語り会の様子です


『ホワイト夫人の身の上〜お皿のボタンより〜』 たかどの ほうこ

IMG_1164.jpg

高橋さんちのお皿にのっているのは、とれてしまったボタンや、これから洋服につけられる予定のボタンたち。
そんなボタンたちの身の上話が集められた本です。大女優の舞台衣装についていたという、高級ボタンのホワイト夫人のお話を紹介してくださいました



『てじな』 土屋 富士夫

IMG_1168.jpg

手品師が呪文をとなえて、ページをめくるたびにふしぎなことが起こる、しかけ絵本です。
次は何が起こるの?とワクワクしちゃいます



『やさいさん』 ツペラ ツペラ

IMG_1171.jpg

IMG_1172.jpg

葉っぱの形から、土にうまっている野菜は何なのか、想像するのが楽しいしかけ絵本です
「すっぽーん」のかけ声と共に出てくる野菜の表情が、かわいいです



『えんぎがいい』 雨宮 尚子

IMG_1173.jpg

縁起がいいといわれる動物を、わかりやすく楽しく紹介する絵本です。
猫、犬、ねずみ、かえる、ふくろう、などなど。
こんなにたくさんいるんだー!とびっくり




さいごは・・・
もうすぐひなまつりということで
おばけちゃんのひなかざり

IMG_1177.jpg


外は寒いけれど、ほっこりあたたかな気分になれた読み語り会でした
おしゃべり妖精の会 の皆様、ありがとうございました



次回は、3月24日(土) 午後2時〜
おはなしぽけっと泉 の皆様による読み聞かせ会です
お楽しみに〜

(スタッフT
posted by うつのみや妖精ミュージアム at 17:00| 栃木 ☀| Comment(0) | 書籍・絵本読み聞かせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

読み聞かせ会でした!

こんにちは!
大雪も降ってとっても寒い日が続いていますね
インフルエンザも大流行とのこと、気をつけたいものです。

さて一月の読み聞かせ会のレポートです!

・・・とその前に、スタッフからの妖精紹介コーナーです!
今回は「ジャックフロスト」という妖精の紹介をしました。

IMG_1120.jpg
フロストとは「霜」のこと。厳しい寒さをもたらす妖精で、日本でいう冬将軍ですね。そして直訳で霜太郎です。
姿は小人の他に老人、雪だるまとも言われていて、ツララの下がった白い服を着ているそうです。真っ白だとわかりにくいので今回は色が塗ってあります。決してうっかりなどでは・・・
いたずら好きで子供っぽい性格ですが、ひとたび怒らせると相手を凍死させてしまう、恐ろしい妖精でもあります。
春には溶けてしまいますが、窓や枯れ葉についた霜の模様、そして霜柱はジャックフロストの痕跡なのだそう。ジャックフロストの痕跡を見つけてみるのも楽しいかもしれませんね

それでは、読み聞かせ会の様子です

『おふとんかけて!』 ディーン・ハコエン

IMG_1100.jpg

おふとんかけてほしいこ、だあれ?というと、色々な動物たちがお返事をして、お布団をかけてもらいます。
ちょうどページをめくるとお布団がかけられる仕組みになっています
お布団の柄もそれぞれ違っていて次はどんな柄かな?とはやくめくりたく、・・・お布団をかけてあげたくなります

『ねこのごんのすけ』竹下文子

IMG_1103.jpg

ねこになりたいと思ったことのある人は少なくないと思います。今回はそんなお話です。
5歳のりょうくんが「ねこはいいなあ」とぼやくと、それを聞いたねこのごんのすけはねこになる訓練をさせます。
しかしこれが思った以上に大変で・・・!?
とにかく偉そうでふてぶてしいごんのすけですが、そこがまたねこの魅力なんですよね

『あーといってよあー』 小野寺悦子

IMG_1114.jpg

こちらは体験型の絵本。色んな「あー」を皆で一緒に発声してみました。
初めはわかりやすい「あー」ですが、途中からだんだん難しくなっていきます・・・!
これはどんな「あー」だろう?というのが、人によって違うのもまた面白いですね
みんなで楽しく盛り上がれました

『ハリネズミと金貨』ウラジーミル・オルロフ

IMG_1117.jpg

ハリネズミのおじいさんは、金貨を拾います。
これで冬ごもりの支度をしようとしますが、森の仲間はみんな親切で、なかなか金貨を使うことがありません。
ハリネズミは金貨で一体何を買うのでしょうか?それとも・・・?
心がほっと温かくなる絵本でした

今回のおみやげは、白クマさんのポシェット

IMG_1119.jpg

白で統一されていてなんとも冬らしいですね
冬のうつくしさがつまったポシェットでした

おはなしぽけっと泉 の皆さん、今回も楽しい読み聞かせをありがとうございました
次回は 2月24日(土) 14時〜
おしゃべり妖精の会 の皆さんによる読み語り会です!
お楽しみに

(スタッフR)

posted by うつのみや妖精ミュージアム at 16:55| 栃木 ☀| Comment(0) | 書籍・絵本読み聞かせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする