2016年12月20日

『Fairy tree 妖精ねがいごとまつり』開催中です

年の瀬も迫るこの頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
市民ギャラリーでは本日より、『Fairy tree 妖精ねがいごとまつり』が始まりました

IMG_0019.jpg

井村君江名誉館長の発案により、開館当時から毎年開催しています。


IMG_0020.jpgIMG_0001.jpg
当イベントでは、ケルトの「木の暦」にしたがって、パネルを展示しております。
会場正面入り口から、季節を巡るように解説をご覧いただけます

IMG_9982.jpg
古代ヨーロッパの民・ケルト人は、自然の世界と調和して暮らしていました。
特に「木」は生活において様々な恵みを与えてくれることから、とても大切な存在でした。
ケルトの「木の暦」では、1年の半分をそれぞれ「盛りゆく半年」と「衰えゆく半年」と考え、
それぞれの細かな時期を木の名前で表しています。


IMG_0014.jpg
また、会場中央には、本物の松の木を展示しています

日本で松といえば、門松や正月飾りなどどこか和風のイメージですが、
「木の暦」では、松は12月23日を表す木とされています。
ケルト人はこの12月23日に神の御子の誕生と、「盛りゆく半年」の幕開けを祝い、
松を飾り付けたり蝋燭を灯したりしてお祝いをしました。
これらの習慣は、現在のクリスマス・ツリーの起原と言われています



IMG_0002.jpg
さて、「ねがいごとまつり」ということで今年もカラフルで可愛い短冊をたくさんご用意致しました
願いごとを書いて、「誕生の木」である松に飾ってください。
皆様の気持ちがこもった願いごとを、妖精たちが届けてくれることでしょう


『Fairy tree 妖精ねがいごとまつり』
  場所:市民ギャラリー・
妖精ミュージアム入口付近(1月4日以降)
  日程:12月20日(火)〜1月15日(日)
  時間:午前10時〜午後8時まで
  ※年末年始(12月29日〜1月3日)は休館とさせて頂きます。
  また、最終日の展示時間のみ、午後3時までとなります。
  ご了承ください。

IMG_9996.jpg
(井村君江名誉館長の短冊です。
先生が書かれるねがいごとは、毎年変わりません


お誘いあわせの上、ぜひご来館ください。
皆さまの素敵なねがいごとが叶いますように


(スタッフ YS)
posted by うつのみや妖精ミュージアム at 18:26| 栃木 ☁| Comment(0) | 市民ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: