2020年06月27日

絵本の読み語り会でした♪

みなさま,こんにちは。
気が付けば6月もあと少しですね。
梅雨の晴れ間も多い今日この頃,どんな風にお過ごしでしょうか?

さて本日は,おしゃべり妖精の会のみなさんによる「絵本の読み語り会」でした
今年度初めて行われる読み語り会に,嬉しさもひとしおです
感染症対策として,ビニールシートの幕を設置し,座席の間隔を空けて開催いたしました

IMG_2703.JPG

それでは,イベントの様子をお伝えいたしますね

..本日開催された「絵本の読み語り会」、楽しく終了いたしました😊お越しくださったお客さま、おしゃべり妖精の会のみなさま、素敵な時間をありがとうございました‍♀️✨.🍀おしゃべり妖精の会さんによる「絵本の読み語り会」は、偶数月の第4土曜日に開催しております♪..#うつのみや妖精ミュージアム#おしゃべり妖精の会#読み語り #イベント情報 #utsunomiyafairymuseum  #博物館#宇都宮 #栃木#utsunomiya #tochigi#妖精 #museum #fairy

『もくもくやかん』 作:かがくい ひろし
IMG_2708.JPG
やかん,ポット,きゅうすたちが集まって,あることをしようと大奮闘
すって,とめて,ためて…いったいなにをするつもりでなのしょうか?
顔を真っ赤にして頑張るやかんくんたちに,エールを送りたくなる作品です


『そらまめくんのベッド』 作:なかや みわ

IMG_2710.JPG
そらまめくんにとって,ふわふわのベッドは大切な宝物。
だからお友達にも貸してあげない,自分だけで独占したい…という気持ち,
きっと誰もが通ったことのある道ですよね
しかし,そらまめくんはあることをきっかけに,
だんだん「ベッド」以外にも大切なものがあることに気が付いて…。
お友達との関わり方について,楽しく覚えることができるお話です


『ビビビビビ』 作:五味 太郎
IMG_2714.JPG
電波のビビビビビくんは,いたずらが大好き♪
いろんな動物さんをビリビリさせちゃいます
ほとんどの文章が「ビ」だけという,異色の絵本ですが,
おしゃべり妖精の会さんによる色んな気持ちがつまった「ビビビ」に,お子さまたちは興味津々!
耳をそばだてて,楽しく「ビビビ」を受信していました⚡


『100かいだてのいえ』 作:いわい としお

IMG_2716.JPG
縦に開く,とっても大きな絵本です
「ぼくは 100かいだてのいえの てっぺんにすんでいます。 あそびにきてください。」
そんなお手紙をもらったトチくんは,遊びに行ってみることに…。
高くそびえる建物の迫力と,描かれているお部屋の数々,
どんどん登っていく様子に,会場のお子さまたちもワクワクした様子で聞き入っていました


お越しくださったお客さま,そして,おしゃべり妖精の会のみなさん,
楽しい読み語り会をありがとうございました

次のイベントは,1週間後の7月4日(土)
13時〜14時から「井村君江名誉館長のギャラリートーク」を開催いたします。
(最新情報は,ホームページにてご案内しております)
みなさまのご来館,お待ちしております

(スタッフY)
posted by うつのみや妖精ミュージアム at 18:34| 栃木 ☁| Comment(0) | 書籍・絵本読み聞かせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

2月度の読み語り会でした🎵🎵

みなさんこんにちは!
現在コロナウイルスが流行し、マスクをしている人が多いですね
早く流行が収まるのが一番ですが、手洗いうがいをしっかりして、できるだけ人込みをさける
などひとりひとりができることからコロナウイルスに負けない環境をつくりましょう!

では、2月度の読み語り会の様子をお伝えします
今回紹介する妖精はアイルランドの海の妖精「メロー」です。
メロウ.JPG
女のメローは指の間に水かきをもった、とても美しい人魚のすがたをしています。
嵐のまえに姿を現すので人々から恐れられますが、親切な心をもっていて人間と恋に落ちて
結婚することもあります
水の中に家があり、赤い羽根の帽子をかぶって海を通って現れます。
帽子をなくしてしまうと海へ帰れなくなってしまいます
男のメローは醜い姿をしていますが、
性格は陽気で愛嬌があり、メローと友達として付き合う人間もいました。

つづいて読み語り会に登場した本の紹介をします


「ねずみくんのチョッキ」   作:なかえよしを
チョッキ.JPG
おかあさんが編んでくれた赤いチョッキを着たねずみくん🐀
そこにあひるくんがやってきて「ちょっときせてよ」といいます。
あひるくんが着ていると今度はさるくん🐵がやってきて・・・
どんどん大きな動物がチョッキを着ることに・・・
チョッキは大丈夫でしょうか?
緑の枠にモノクロの動物たち。そして赤いチョッキ。
いつまでも心に残るロングセラー絵本。



「むかしむかしとらとねこは・・・ 中国のむかし話より」   作:大島英太郎
とらとねこ.JPG
ネコ科の動物の中で、トラ🐯だけは木のぼりが下手でほとんどしません。
なぜでしょう?答えはこの本の中に・・・
物語は昔、トラが今と違ってのろまで獲物をとることが下手だった・・・
というところからはじまります。
絵も中国風で異国情緒があっていいですね
中国の昔ばなしにはトラが出てくる話が多いですが、
中国の人にとってはトラは身近な存在だったということでしょうか。



「14ひきのさむいふゆ」   作:いわむらかずお
さむいふゆ.JPG
季節それぞれの魅力がつまった14ひきシリーズ。
今回は冬の日のおはなし⛄
外の真っ白な雪景色と、あたたかな家の中の対比が鮮やかです。
季節があるっていいな。家族っていいなと思える一冊です。




「みずたまちゃん」   作:林木林
みずたまちゃん.JPG
水玉もようの服を着ると、ウキウキしてお出かけが楽しくなりませんか?
この本の主役は水玉もようが大好きなみずたまちゃん。
今日は全身水玉もようでお出かけです。
寒がっている動物たちに、みずたまちゃんは自分のアイテムをひとつずつ貸していきます。
みずたまちゃんの正体とは?読んでからのお楽しみ


雪だるまになったおばけちゃんたち👻
読み語り会に参加してくれたお友達も、ノリノリで変身させてくれました
おばけ.JPG

みなさんにひとつ残念なお知らせがあります
3月28日の読み聞かせ会ですが、コロナウイルスの感染拡大防止のため
中止になることが決まりました。
楽しみにしていたお友達、ごめんなさい

そしてスタッフAがブログを更新するのはこれで最後となります。
読んでくれたみなさん、ありがとうございました!
次回からは新しいスタッフが読み聞かせ・読み語り会の様子をお伝えしていくことになります。
お楽しみに!

[スタッフA]


posted by うつのみや妖精ミュージアム at 15:27| 栃木 ☀| Comment(0) | 書籍・絵本読み聞かせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月24日

1月度の読み聞かせ会でした⛄⛄

みなさんこんにちは!
最近は暖かい日も増え、春の訪れを感じる日々となりました
遅くなってしまいましたが、1月25日の読み聞かせ会の様子をお伝えしますね

まずは妖精紹介から〜
今回は「オウド・ゴッギー」を紹介します!
オウドゴッギー.JPG
オウド・ゴッギーは、子供が果物🍎を盗まないように、と
母親たちが生み出したものと思われます。
母親たちは子供たちに果物の木や果実のしげみに近づかないよう
「そんなことをすると、オウド・ゴッギーにつかまっちゃいますよ」と言い聞かせました。
オウド・ゴッギーは大きくて毛むくじゃらなイモ虫に似た姿で、
子どもたちを食べてしまうくらいの大きさをしています。

続いて読み聞かせ会に登場した本の紹介をします




「うみのきらきら やまのきらきら」   作:花之内雅吉
きらきら.JPG
寒い北の海に、シロクマとエトピリカ(海鳥)の親子がいました。
ある日、ワシがやってきて、人間の住む町の「きらきら」の話をします。
町のイルミネーションに感動した子供たちは、
もっと近くでほかのきらきらを見てみたいと言います。
せがまれたお父さんたちは・・・?
自然の美しさやきらめきを見つめなおせる絵本
読めば海や山に行きたくなっちゃうかも?



「ねこです。」   作:北村裕花
ねこ.JPG
これはモップ? あれはオモチ? それはおまんじゅう?
いいえ、 ねこです。
丸まったねこってなんだか違うものに見えてきますよね?
どのページをめくっても、ねこ・ねこ・ねこ
変な顔だったり、どこかまぬけな表情だったり・・・
ふてぶてしくて愛しい、不思議なねこの魅力がつまった一冊です



「おおかみのおなかのなかで」   作:マック・バーネット
おなかのなか.JPG
ある日、おおかみに食べられてしまったねずみ🐀
ところがお腹の中では、あひるがそこそこ優雅に暮らしていました。
必要なものはおおかみに飲み込んでもらえばいいし、一緒にいれば退屈もしない。
おおかみのお腹の中って意外と快適なのかも??
シュールでナンセンスで、大人もニヤリとしてしまうことうけあいです。
絵もおしゃれ



「ペンギンはつらいよ」   作:田中チヅコ
ペンギンはつらいよ.JPG
飛ぶ練習がイヤでコウテイペンギンのところにやってきたカモメのカーくん。
ペンギンの生活をおしえてもらいます。
実はしゃがんだ姿勢で歩いていること、長い時間ヒナたちが集団でお留守番していること・・・
羽が生え変わる時期のユーモラスな姿にも注目です。
読めばペンギンの生態がたのしくわかる紙芝居です🐧
posted by うつのみや妖精ミュージアム at 18:15| 栃木 ☀| Comment(0) | 書籍・絵本読み聞かせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

10月の読み語り会でした🎃🎃

みなさんこんにちは!
10月といえばハロウィン🎃、ミュージアムもハロウィン仕様に飾り付けられ、お客様をお迎えしていました
ハロウィンはもともとケルトのサウィンというお祭りに起源があります。
おなじみのジャックオーランタンのカボチャも、もともとはカブでつくられていました。

今回は、ホネやおばけ、かぼちゃ・・・などハロウィンにぴったりの本が勢ぞろい!
季節を感じる読み語り会となりました🎃

まずは恒例の妖精紹介から〜〜〜
ノーム.JPG
今回紹介するのはノームという妖精です。
ノームとは地中に住む者の意味ですが、今はひげを生やした年寄りの姿をしている、
大地や丘の精とされています。
身長は大きくても15センチくらい。
耳は短く広く、どんな音でも聞き取れます。
長い三角帽子をかぶり、ブーツをはいていて、人よりもうんと速く走ることができますし、
木の上へ飛びあがることもできます。
年齢も200歳300歳になるものもいます。
人間に会うのを嫌い、すみかがわからないよう、
枯葉などでじょうずにカモフラージュしています🍂🍂



では、読み語り会のようすをお伝えしますね💗💗


「しゃっくりがいこつ」   作:マージェリー・カイラー
がいこつ.JPG
しゃっくりが止まらなくなったがいこつくん💀
しゃっくりを止める方法をいろいろ試してみます。
水を飲んだり、息を止めてみたり、砂糖を食べたり・・・
しゃっくりすると骨が取れたり、水や砂糖が流れてしまったりと、
がいこつならではのシュールな笑いにあふれています


「ホネホネたんけんたい」   作:松田 素子
ホネホネ.JPG
まず見た目のインパクトがすごい本です
ふだん骨をじっくり見る機会なんてあまりないですからね。
そして楽しく勉強になる本でもあります。
へびの体はどこからがしっぽ?あなたもわかるようになりますよ。
これを読めばあなたも骨博士?!


「14ひきのかぼちゃ」   作:いわむら かずお
かぼちゃ.JPG
みんなだいすき14ひきシリーズ!今回はかぼちゃのおはなし。
おじいさんが「いのちのつぶ」と言うタネから、
大きな実ができるまで14匹は見守りつづけます🌱🌱
嵐がやってくるシーンでは、こちらもがんばれと応援したくなりますね。
収穫したかぼちゃを、料理して食べるシーンも必見です。


「ねないこ だれだ」   作:せな けいこ
ねないこ.JPG
「こんなじかんに おきてるのは だれだ?」
ふくろう?みみずく?どらねこ?どろぼう?
あれれ、よふかしをしている女の子がいますよ。
夜はおばけの時間なのに・・・
女の子はどうなっちゃうの?
読み継がれるロングセラー、せなけいこさんの代表作です。


「お月さまってどんなあじ?」   作:マイケル・グレイニエツ
月.JPG
お月さまってどんなあじがするのでしょう?
チーズ味でしょうか?
お月さまを食べてみたい動物たちが、次々に
自分の背中に他の動物をのせていきます。
もう少し・・・となったところで、お月さまはひょいと上に逃げてしまいます。
動物たちはお月さまを食べることができたのでしょうか?
そしていったいどんな味がしたのでしょうか・・・?



おなじみのおばけちゃんたちも、ハロウィンにあわせて仮装してみたよ🎃
おばけ.JPG


おしゃべり妖精の会のみなさん、いつもすてきな読み語り会をありがとうございます
ハロウィンをまんきつできる素敵な会となりました。

次回は、11月23日(土)13:30〜14:00
おはなしぽけっと泉のみなさんによる読み聞かせ会です!

ミュージアムでまってるよ!

[スタッフA]

posted by うつのみや妖精ミュージアム at 14:46| 栃木 ☀| Comment(0) | 書籍・絵本読み聞かせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

9月の読み聞かせ会でした!🍂🍂

みなさんお元気ですか?
秋も深まり、過ごしやすい季節になりましたね。
秋と言えば・・・そう、読書の秋です(食欲の秋でもありますね)
今回は本屋さんが大好きな動物たちや食いしん坊のお話がラインナップ!
秋らしい読み聞かせ会となりました。

ではまず、恒例の妖精紹介からいってみましょう!

今回紹介するのは「妖精の女王」ティターニアです。
ティターニア.JPG
シェイクスピアが「夏の夜の夢」のなかに描いたティターニアは、
じゃこうバラ🌹のなかの、くもの巣で編んだレースのかかったベッドにやすみ、
どんぐりの殻のなかに身を隠すことができるほど小さな姿をしています。
また繊細で美しく、月の光にぬれた夜の森の支配者であり、露のおりた夜、
空飛ぶ獲物を追い求める不思議な女狩人になったりするなど、
どこかに月の女神🌙の性質を思わせるものが残っています。
ティターニアもおつきの妖精たちも、花や昆虫に囲まれてくらしており、
夜に活動し、朝が来るとどこかへ去ってしまいます。

ティターニアってとってもロマンチックな存在で私は大好きです💓
ミュージアムでは毎月妖精の紹介をしていますので、
みなさんもお気に入りの妖精を見つけてみてくださいね

では続いて読み聞かせ会の様子をお伝えします


「タベールだんしゃく」   作:さかもといくこ
だんしゃく.JPG
レストランのかべにかかった絵にはヒミツが・・・
なんと!夜中になると、だんしゃくが絵から抜け出してくるんです!
だんしゃくはくいしんぼうでつまみ食いをしますが、
今日は食べ過ぎて絵の中にもどれなくなってしまいました。
レッツダイエット!朝までにもどることはできるのでしょうか・・・?


「おさんぽわんわん」   作:なとりちづ
おさんぽ.JPG
おさんぽ中、犬はどんなことを考えているのでしょう?
ぐいぐいと飼い主を引っ張っていくこのわんちゃん、
きっとおさんぽが大好きなんでしょうね🐶🐶
今日の読み聞かせではリズミカルに読んで下さったので、
このかみしばいの良さが引き立っていましたね!



「ちょろちょろかぞくの のばします」   作:木坂涼
のばします.JPG
体をのばしたり、まるめたり、ねずみの家族といっしょに
体を動かすと楽しいですね。
動作は「のばす」と「まるめる」でシンプルですが、
いろんな例があってあきさせません。



「森の本やさん」   作:肥田美代子
本や.JPG
みなさんはお気に入りの本屋さんはありますか?
森の動物たちはくまじいさんの本屋さんが大好き。
ところが嵐が来て本屋さんがつぶれてしまいました。
ふさぎ込むくまじいさんを見て、動物たちは・・・?
秋の森があったか〜く描いてあるので、この季節にぴったりの絵本です



冒頭でも書きましたが、季節は秋🎵
図書館や本屋さんでお気に入りの一冊をぜひ見つけてみてください
読み聞かせ会に来れなかったお友達も、このブログを読んで
絵本選びの参考にしてくれるとうれしいな〜〜
ではまた!

次回は10月26日(土)、13:30〜14:00
おしゃべり妖精の会のみなさんによる読み語り会です。

みんな来てね




[スタッフA]


posted by うつのみや妖精ミュージアム at 13:02| 栃木 ☁| Comment(0) | 書籍・絵本読み聞かせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

8月度の読み語り会でした!🍉🍉

みなさんいかがお過ごしですか?
夏ももうすぐ終わり・・・素敵な思い出はできたでしょうか??
8月度は、企画展・コンサート・ワークショップ・読み語り・・・
とイベントもりだくさんの月となりました
忙しい中にも、来て下さるみなさんの笑顔に元気を頂いてきました💪💪

今回の読み語り会は、夏らしいラインナップ・・・
どんな本との出会いが待っていたのでしょう?

まずは恒例の妖精紹介から〜〜〜
今回は「妖精王」オーベロンです!
オーベロン.JPG
ドイツの伝説では、オーベロンはとても豪華な生活を送っていて、
姿は非常に美しく、黄金の屋根とダイヤモンドの尖塔のある宮殿に住んでいるとされます。
そして、正直者が持てばワインが尽きることのない魔法の金の杯や、
困った時には一吹きで助けが現れる象牙の角笛をもっています。
シェイクスピアの「夏の夜の夢」という戯曲では、オーベロンは女王ティターニアを妻に、
パックをおともに従えており、「おそろしく気が短く怒りっぽく、そして身勝手な王」として描かれています


続いて読み語り会の様子をお伝えしますね📖📖


「ようこそうみへ」   作:中川ひろたか
うみ.JPG
園長先生と子どもたちが海で遊んでいると、
どこからか不思議な声が聞こえ・・・?
青い空と海、白い雲のコントラストが美しく、読んでるだけで夏を満喫できちゃいますね✨✨


「うさぎとかめ」   イソップ童話
うさぎとかめ.JPG
誰もが知っているおなじみのはなしですが、
今作はうさぎがニンジン畑でたらふく食べて寝てしまったり、ゴールした後
うさぎとかめが握手したりと、ほのぼのするシーンもあります。
知っているお話でも、本によって少しずつ雰囲気がちがうので、
読み比べるのも楽しいですね


「おかあさんのパンツ」   作:山岡ひかる
パンツ.JPG
かわいいわたしのパンツ、お母さんがはいたらどうなるの?
小さなさくらんぼは、大きなリンゴに・・・🍎
小さなお魚は、大きなクジラに・・・🐋
最後のページで「ぷんっ!」って怒ってるお母さんもかわいいですね。
笑いが欲しい時は是非。


「14ひきのせんたく」   作:いわむらかずお
せんたく.JPG
夏の朝、野ネズミの家族はせんたくのため、みんなで谷川を目指します。
緑のにおい、川のせせらぎ、涼しい風、水のつめたさ・・・
夏の森のエッセンスがギュっとつまった、素敵な絵本です🐀🐀


「めっきらもっきらどおんどん」   作:長谷川摂子
めっきら.JPG
みなさん妖怪と聞くと何を思いうかべますか?
こわい?不気味?
この本にでてくる妖怪たちは、とっても個性的で、愛嬌があってかわいいですよ。
かんたといっしょに不思議な世界をのぞいてみませんか?


「かもめの水兵さん」に合わせて、おばけちゃんたちもマリンルックに・・・💛💛
かもめ.JPG

おしゃべり妖精の会のみなさん、来てくださったみなさん、
ありがとうございました

次回は、9月28日(土)13:30〜14:00,
おはなしぽけっと泉のみなさんによる読み聞かせ会です!
みんなきてねーーー
posted by うつのみや妖精ミュージアム at 12:02| 栃木 ☔| Comment(0) | 書籍・絵本読み聞かせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする