2020年06月14日

ミュージアムショップの黄ぶなグッズ

みなさま,こんにちは
蒸し暑いお天気が続く今日この頃,いかがお過ごしでしょうか。
さて,今日は当館ミュージアムショップの商品ついてお伝えいたします。

ボランティア団体「うつのみや妖精の会」が運営している当館のミュージアムショップでは、
妖精をモチーフとした商品の他に,ハンドメイドの「黄ぶな」アイテムを取り扱っております♪
現在の「黄ぶな」アイテムは,布マスクやアクリルタワシ,手毬根付など

..ボランティア団体「うつのみや妖精の会」が運営している当館のミュージアムショップでは、現在ハンドメイドの「黄ぶな」アイテムを取り扱っております。布マスクやアクリルタワシや手毬根付などがございます。.宇都宮には昔,天然痘が流行った時に,不思議な黄色い鮒(ふな)が現れて人々を救ったとされる「黄ぶな伝説」があります🐠.井村君江名誉館長によれば、西洋でも昔から「妖精(自然の精霊)」が人間に薬草の知識を授けたり,病から救ったり、人間の運命を司る存在として描かれてきました。このことから、「黄ぶなは妖精の仲間と言えるのではないでしょうか?」と語っています。(うつのみや妖精ミュージアムリーフレットより).そんな縁起の良い「黄ぶな」と「妖精」印のグッズたち、当館にいらした際は、ぜひご覧になってくださいね‍♀️.※状況により、品切れとなる場合もございます※ショップボランティアが不在の時は、レシートをお出しできません。あらかじめご了承ください。..#うつのみや妖精ミュージアム#utsunomiyafairymuseum #黄ぶな #布マスク #アクリルタワシ #宇都宮 #栃木#utsunomiya #tochigi#妖精 #museum #fairygodmother

宇都宮にはその昔,天然痘が流行った時に,
川から不思議な黄色い鮒(ふな)が現れて
人々を救ったとされる「黄ぶな伝説」があります🐠

井村君江名誉館長によれば、
西洋でも昔から「妖精(自然の精霊)」は人間に薬草の知識を授けたり,
病から救ったり、「人間の運命を司る存在」として描かれています。
このことから、
「黄ぶなは妖精の仲間と言えるのではないでしょうか?」
と語っています。
(うつのみや妖精ミュージアムリーフレットより)

そんな縁起の良い「黄ぶな」と「妖精」印のグッズの数々,
当館にいらした際は、ぜひご覧になってくださいね


状況により,品切れとなる場合がございます
ショップボランティア不在時は、レシートをお出しできません。
あらかじめご了承ください


(スタッフ Y)
posted by うつのみや妖精ミュージアム at 13:09| 栃木 🌁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月12日

Instagramアカウント開設のお知らせ

みなさん,こんにちは。
連続の投稿失礼いたします

感染症の影響で,遠出が難しい方もいらっしゃるかと思います。
そこで,ご自宅から少しでも楽しんでいただければと思い,
このたび「うつのみや妖精ミュージアム公式Instagram」を開設いたしました
今後,館内やイベントの様子などをお伝えしてまいりますので,
よろしければご覧くださいね。
うつのみや妖精ミュージアム
公式Instagramアカウントはこちらです→@ufairy_museum

また,ご存知の方も多いかと思いますが,
2018年から当館公式Twitterも稼働しております。
当館学芸員による妖精の紹介や,イベント情報などをお伝えしております。
うつのみや妖精ミュージアム
Twitterアカウントはこちらです→@m_ufairy

これからも,みなさまに楽しんでいただけるように
館内やイベントの様子などをお伝えしてまいります
みなさまのフォロー,お待ちしております♪

(スタッフ Y)
posted by うつのみや妖精ミュージアム at 15:04| 栃木 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イベント再開のお知らせ

みなさま,こんにちは。
いよいよ関東も梅雨に入りましたね

さて,今後のイベントについてお伝えしますね。
感染症対策につとめながら,少しずつ再開してまいります。
ぜひいらしてくださいね。

【絵本の読み語り会】
日時:6月27日(土)午後1時半〜2時
会場:妖精ミュージアム内ライブラリーコーナー
内容:おしゃべり妖精の会(ボランティア団体)による絵本の読み聞かせ

春からお休みとなっていた絵本の読み語り会が,いよいよ再開いたします
飛沫を防ぐため,前方に簡易ビニールシートを貼り,座席の間隔を空けての開催となります。
「おしゃべり妖精の会」の皆さんによる心温まる語り声を聞きながら,
穏やかなひとときをお過ごしください


【井村君江名誉館長によるギャラリートーク】
日時:7月4日(土)午後1時〜2時
会場:妖精ミュージアム内ライブラリーコーナー
内容:「アーサー王伝説 聖杯探求の旅」について

こちらも状況が変わらない限りは,日程通りに開催する予定です。
また,現在館内アートサロンでは,ギャラリートークにあわせて
「アーサー王伝説」に関連した貴重本を展示しております
ぜひご覧くださいませ。

各イベント開催時,3密を避けるために人数制限を設ける場合がございます。
あらかじめご了承ください。

お客様の安全と健康を守るため,ご来館時にはマスクのご着用をお願いいたします。

この記事は,6月12日時点での情報です。
状況により変更になる場合がございます。最新情報は当サイトにてお知らせいたします。
(お電話での問い合わせも受付けております。)

みなさまのご来館をお待ちしております

(スタッフ Y)
posted by うつのみや妖精ミュージアム at 14:29| 栃木 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月10日

ご来館のお客さまへのお願い


みなさま,こんばんは
さて当館は,明日5月11日(月)から,
感染症拡大防止対策を徹底した上で開館させていただきます。
その上で,皆さまにお願いがございます。

<ご来館のお客様へお願い>

◆入館時はマスクの着用をお願いいたします。
◆入館時とライブラリーコーナー利用時に,手指の消毒をお願いいたします。
◆万が一,感染者が確認された場合に備えて,「入館記録用紙」のご記入をお願いいたします。
ご理解、ご協力の程よろしくお願いします。

<当館で実施している対策>
◆入口とライブラリーコーナーに消毒液を設置しております。
◆館内は小まめな消毒を実施しております。
◆館内スタッフはマスクを着用して対応させていただきます。
◆三密を避けるために,やむを得ず入場制限や滞在時間制限をさせて頂く場合がございます。

皆さまにはご不便をおかけいたしますが,どうぞよろしくお願いいたします。


嬉しいお知らせとしましては,
この休館期間中に「妖精図鑑」が復活いたしました
「不思議な引き出し」や「妖精カメラ」も引き続きご利用いただけます。

また,館内奥にあります「アートサロン」では,
19世紀英国の作品を中心とした妖精に関する絵画や,ウェッジウッド社の陶磁器,
オスカー・ワイルドが生前に使用していた家具など,貴重な作品を展示しています

当館は約10分ほどで館内を見ることができる,小さなミュージアムです。
このような状況ですので,
「ぜひ,いらしてください」
とは,なかなか言いづらいですが…,
もしもお近くにお越しの際は,よろしければ当館にお立ち寄りくださいませ。
現実から少し離れて,ほっと心癒されるひとときを過ごして頂けたら幸いです

スタッフ一同,皆さまのご来館をお待ちしております。

(スタッフ Y)
posted by うつのみや妖精ミュージアム at 19:01| 栃木 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月09日

臨時休館のお知らせ(※延長いたしました)


みなさん,こんにちは。
いつも当館をあたたかく見守ってくださいまして誠にありがとうございます。
さて,急ですがお知らせがございます。

臨時休館のお知らせ
令和2年4月8日(水)に,宇都宮市新型コロナウイルス感染症危機対策本部より
「市有の屋内施設は原則として休館する」との方針が示されました。
つきましては,当館においても
令和2年4月10(金)から5月10日(日)までの間、臨時休館とさせていただきます。
(それ以降の日程につきましては,決定次第お知らせいたします。)

宇都宮には昔,天然痘が流行った時に,不思議な黄色い鮒(ふな)が現れて
人々を救ったとされる「黄ぶな伝説」があります。
また,西洋でも昔から「妖精(自然の精霊)」は,薬草の知識を授けたり,
病から救う存在としても描かれてきました。
事態が収束して,穏やかな日々が訪れることを,
「黄ぶな」と「妖精」に縁の深いこの宇都宮から祈っています。

(スタッフY)

posted by うつのみや妖精ミュージアム at 11:24| 栃木 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

2月度の読み語り会でした🎵🎵

みなさんこんにちは!
現在コロナウイルスが流行し、マスクをしている人が多いですね
早く流行が収まるのが一番ですが、手洗いうがいをしっかりして、できるだけ人込みをさける
などひとりひとりができることからコロナウイルスに負けない環境をつくりましょう!

では、2月度の読み語り会の様子をお伝えします
今回紹介する妖精はアイルランドの海の妖精「メロー」です。
メロウ.JPG
女のメローは指の間に水かきをもった、とても美しい人魚のすがたをしています。
嵐のまえに姿を現すので人々から恐れられますが、親切な心をもっていて人間と恋に落ちて
結婚することもあります
水の中に家があり、赤い羽根の帽子をかぶって海を通って現れます。
帽子をなくしてしまうと海へ帰れなくなってしまいます
男のメローは醜い姿をしていますが、
性格は陽気で愛嬌があり、メローと友達として付き合う人間もいました。

つづいて読み語り会に登場した本の紹介をします


「ねずみくんのチョッキ」   作:なかえよしを
チョッキ.JPG
おかあさんが編んでくれた赤いチョッキを着たねずみくん🐀
そこにあひるくんがやってきて「ちょっときせてよ」といいます。
あひるくんが着ていると今度はさるくん🐵がやってきて・・・
どんどん大きな動物がチョッキを着ることに・・・
チョッキは大丈夫でしょうか?
緑の枠にモノクロの動物たち。そして赤いチョッキ。
いつまでも心に残るロングセラー絵本。



「むかしむかしとらとねこは・・・ 中国のむかし話より」   作:大島英太郎
とらとねこ.JPG
ネコ科の動物の中で、トラ🐯だけは木のぼりが下手でほとんどしません。
なぜでしょう?答えはこの本の中に・・・
物語は昔、トラが今と違ってのろまで獲物をとることが下手だった・・・
というところからはじまります。
絵も中国風で異国情緒があっていいですね
中国の昔ばなしにはトラが出てくる話が多いですが、
中国の人にとってはトラは身近な存在だったということでしょうか。



「14ひきのさむいふゆ」   作:いわむらかずお
さむいふゆ.JPG
季節それぞれの魅力がつまった14ひきシリーズ。
今回は冬の日のおはなし⛄
外の真っ白な雪景色と、あたたかな家の中の対比が鮮やかです。
季節があるっていいな。家族っていいなと思える一冊です。




「みずたまちゃん」   作:林木林
みずたまちゃん.JPG
水玉もようの服を着ると、ウキウキしてお出かけが楽しくなりませんか?
この本の主役は水玉もようが大好きなみずたまちゃん。
今日は全身水玉もようでお出かけです。
寒がっている動物たちに、みずたまちゃんは自分のアイテムをひとつずつ貸していきます。
みずたまちゃんの正体とは?読んでからのお楽しみ


雪だるまになったおばけちゃんたち👻
読み語り会に参加してくれたお友達も、ノリノリで変身させてくれました
おばけ.JPG

みなさんにひとつ残念なお知らせがあります
3月28日の読み聞かせ会ですが、コロナウイルスの感染拡大防止のため
中止になることが決まりました。
楽しみにしていたお友達、ごめんなさい

そしてスタッフAがブログを更新するのはこれで最後となります。
読んでくれたみなさん、ありがとうございました!
次回からは新しいスタッフが読み聞かせ・読み語り会の様子をお伝えしていくことになります。
お楽しみに!

[スタッフA]


posted by うつのみや妖精ミュージアム at 15:27| 栃木 ☀| Comment(0) | 書籍・絵本読み聞かせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする